1 month ago
当社で施工しているアンダーコーティング(下廻り防錆)のひとつ、WURTH(ウルト)アンダーコートをご紹介します。 優れた防錆力と腐食保護性能で降雪・沿海エリアでの塩害(錆、腐食)からボディ下部を守ります。 特に北海道では冬季間に道路の凍結防止を目的に塩カル(塩化カルシウム)が蒔かれ、これが車の錆の原因になっていることが多く対策が必要です。 まず事前準備として入念に車体の下部洗浄を行い自然乾燥させ、次にボディへの液剤飛散防止を目的に養生シートを丁寧に貼っていきます。 念のため液剤塗布前の後輪サスペンションアーム付近と車体底部の写真(4枚目と5枚目)を撮影しておきました。 専用のスプレーガンに液剤を取りつけて時間を掛けて丁寧にコーティングしていきます。 塗布時間は約1時間、パーツの裏にも丁寧に塗布します。8枚目と9枚目の写真はアンダーコーティング後の写真です。 全体的に薄い皮膜が形成されているのが分かると思います。後は自然乾燥すれば完了です。 最後にWURTH(ウルト)アンダーコートの特徴をご紹介します。 ①優れた速乾性、②薄い皮膜、③透明なので車体下部の状態やパーツナンバーの確認が容易、④耐熱温度が200℃なのでエンジンルームにも使用可能、⑤乾燥硬化する ため砂やゴミの付着も無く部品を錆から強力に保護、⑥ゴムやプラスチック類に塗布しても傷めない、⑦液だれしない。 施工箇所としてはフロントバンパー裏、エンジンルーム内各パーツ、マフラー、スポーツショックや足回りショックなどボディ下部の広い範囲に使用可能です。 新車や中古車の納車時にこのアンダーコーティングを施しておくと、故障の原因となる塩害による下廻りの錆を気にすることなく、結果的には良い車輌状態を長く保ち、快適なカーライフをお過ごしいただけます。もちろん今ご使用中のお車にも施工可能です。 ウルトアンダーコートの詳細と料金はこちらのページでご確認下さい→ https://www.san-ai-jikou.co.jp/body_care/index2.php #輸入車整備 #輸入車販売 #ロペシティ札幌平岸 #自動車整備 #自動車販売 #鈑金塗装 #札幌市東区 #三愛自動車 #アンダーコーティング #ウルト #下廻り防錆
Download
46 likes
0 comments